なぜ裁量トレード練習君プレミアム一択なのか

早速結論ですが、裁量トレード練習君プレミアム一択の理由は、ご希望であろう機能を全て満たしていること。そして機能はもとより、アフターサービス等を含めた総合的な価値に対する販売価格が安いからです。

 

あなたも色々と調べるうちにForex Tester(フォレックステスター)との比較になり、その過程でこちらのページにお越しいただけたと思います。

 

 

私は根っからのMT4の利用者です。MT5を触ったことはありますが、トレード結果が良くなる機能の変化はなかったので、2020年9月現在 MT4のみでFXトレードをしています。

 

こんな私ですから、当然、裁量トレード練習君プレミアムをおすすめすることになります。フォレックステスターとの決定的な違いは、MT4に対応しているかどうか

 

 

練習君はMT4のバックテスト機能を使い、裁量トレードの練習ができるソフトウェアです。つまり、日頃慣れ親しんでいるMT4でそのまま検証できます

 

MT4利用者があえて、MT4以外のFXツール対応ソフトでバックテストするメリットはなんでしょうか。本質的な部分以外に時間を費やすことはストレス以外の何物でもないと思います。

 

よって、フォレックステスターはMT4を利用していない方が練習君と比較するもの、MT4愛用者は裁量トレード練習君プレミアム一択となります。

 

 

ネットで調べてみると他のバックテストソフトも色々と紹介されているので、お時間あれば比較されてみると良いです。

 

最終的にこの二つのソフトの選択になるでしょう。それ位にどちらも有名で、その地位を確立しています。

FXのバックテストソフトに必要な機能と大切な選択ポイント

最低限4つの機能がバックテストソフトに備わっているか確認してください。もちろん、フォレックステスターと練習君にはあります。

 

  • 何倍速でチャートを動かせるか:この機能がないバックテストソフトはありえない!スキャルピング以外、リアルトレードでは待つ時間が圧倒的に長いです。売買チャンスがない期間を倍速にして、エントリーポイントを迎えた時のみ、値動きの速さを通常通りや遅くできます。大切な局面に集中して深く検証するための機能です。
  •  

  • 異なる時間軸で画面表示できるか:いわゆるマルチタイムフレーム分析です。一枚の枠に異なる時間軸を切替表示して見ていくのは効率が悪い。デイトレなら日足から15分足や5分足までいっぺんに見られると、各時間軸の関係性を把握しながらの落とし込みができるようになります。
  •  

  • 利用できるインジケーター:リアルトレードで使うインジケーターが使えることを確認します。
  •  

  • S/L, T/Pの設定:指値と逆指値です。損切りの徹底は必須、レートが動いている最中に再設定できるか確認します。

 

 

機能面以外で大切な選択ポイントは次の通りです。

 

  • ヒストリカルデータの料金:各時間軸のローソク足データを読み込んで、バックテストソフト上で使えるようにします。このデータが有料の場合もあります。練習君プレミアムは無料です。
  •  

  • バージョンアップの料金:時代に応じてトレードツールが進化、トレード手法が変化していくのでバージョンアップは必須。練習君プレミアムは無期限で無料で、必要な機能等が時代に合わせて無償追加されていきます。
  •  

  • 製品サポート:困ったときの相談窓口です。練習君プレミアムなら、無料で無期限回数制限なしのメールサポートがついています。原則24時間以内にご回答をいただけます。

 

最近はバックテストソフトの数も増えましたし、各々に個性があって情報過多になりがちです。まずは機能面で4つ、それ以外の3つの条件のみで比較すると、良いものがスッキリ絞られてくると思います。

 

→ MT4裁量トレード練習君プレミアム(公式サイト)

 

 

当ページが、MT4愛用者さんが裁量トレード練習君プレミアムの良さに納得した上でご購入いただくきっかけになれたなら嬉しいです。

 

また、バックテストソフト選びの迷いを少しでも減らすためにお役立ていただけたら幸いです。